進学塾アルファ狭山校 
FC2ブログ

夏期講習が終わりました。

本日8月18日から学校が再開されるのに合わせて昨日で本年度の夏期講習の全日程が終了しました。学校がお休みなのが10日間だけということもあって、かなりの変則日程でハードスケジュールな夏期講習でしたが、各御家庭のご協力もあって、みんな一生懸命頑張った夏期講習となりました。今年は夏休みが短かったこともあって学校の宿題も少なかったのですが、その数少ない宿題の一つである夏休みの一行日記を完成させている生徒たちがいたので見せてもらったところ「今日の出来事」の欄に毎日「一日塾」と書いてありました。思わず「なんか、悪いね」と言ってしまいましたが、「ちょっと大変だったけど、受験生だから当然です。それにどうせコロナで出かけられないから大丈夫です。」と笑顔で言われて救われました。

IMG_5047.jpg

さて、そうして頑張った成果ですが、過去問演習を行っていても、夏期講習前とは別人レベルに進化してくれている生徒も多くいて、これからの北辰テストや定期テストの結果が楽しみです。夏期講習が終わって、今日は久しぶりに午前中に時間ができたので、用事を済ませに出かけた先で田んぼを見かけて思わず撮ったのが上の写真です。梅雨の雨がひどかった影響が心配ではありますが、素人目には立派に実っていて思わず「実るほど 頭(こうべ)を垂れる 稲穂かな」とつぶやいてしまいました。「稲は立派に実るとその重みで実(頭)の部分が垂れ下がってくることから、立派に成長した人間ほど頭の低い謙虚な姿勢である」という意味のことわざです。ぜひ、このことわざのように頭が垂れるほどに実ってもらえるように今日も頑張って応援していきたいと思います。



進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村










テーマ :
ジャンル : 学校・教育

特別な夏

今年は新型コロナの影響で「特別な夏」となってしまっています。私は「8月の給食献立表」という空前絶後の存在を見せてもらって改めて異常な夏だという事実を実感してしまいました。そんな夏ですが、アルファがある狭山市は8月8日からやっと夏休みに入り、配られた通知表もほぼ全生徒に確認させてもらいました。こんな状況の中でも一生懸命頑張って結果を残した生徒が多いことに本当に感謝したいと思います。


アルファでは毎年、中学校三年生は勉強合宿を行っていますが、今年は何しろ学校が休みになるのがお盆の時期の10日間だけということもあって合宿は断念することにしました。ただ、実は今日もそうなのですが、中3の生徒たちの多くは朝の9時から夜の10時半まで塾で勉強してくれていて、実質合宿状態となっています。生徒たちも大変だと思いますし、各御家庭にも多くのご協力をいただいてしまって恐縮ではありますが、連日猛特訓しているだけあって「鎌倉時代は大丈夫になった」「用言はマスターした」などと日々急速な進化を実感してくれる様子ですので、何とかこのまま全員に無事夏期講習を完走してもらって勉強を頑張った「特別な夏」の思い出を作ってもらえるように全力でサポートしていきたいと思います!


進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村




テーマ :
ジャンル : 学校・教育

夏は枝豆

枝豆ビール枝豆とビール!

いつもお世話になっている八百屋さんで、枝付きの枝豆が売っていたので思わず買ってしまいました。早速茹でて食べましたが、甘みがあって最高においしい枝豆でした。中学校二年生の古文で扱う清少納言の「枕草子」では「春はあけぼの」で始まる有名な第一段で季節ごとに趣があるものを挙げていますが、私の場合は「夏は枝豆にビール」です。(笑)大学に進学するために北海道から上京してきて以来、夏に帰省するといつも実家の両親が庭で育ててくれている枝豆を収穫して採れたてを茹でて食べているので、枝豆を食べると本当に幸せな気持ちになります。好きな食べ物というのは、思い出を食べているという側面もあるのかもしれません。

枝付きの枝豆

枝豆というのは「大豆を未成熟のうちに収穫して食べるもの」のことで、「枝豆」という種類の豆がある訳ではありません。ただ、大豆の中でも枝豆として食べるのに適した品種というのはあるそうです。今回私がいただいた枝豆の写真を上に載せてみましたが、江戸時代にはこのように枝についた状態のまま茹でたものを「枝付き豆」などという名前で売っていたそうで、それが「枝豆」という名前の由来だそうです。ちなみに、現在でも枝付きで売っているのは意味があって、枝豆は収穫された後も生きて呼吸をしているので時間が経つほど呼吸で糖分が使われてしまい味が落ちるのですが、枝がついている方が葉や茎にある水分や養分を利用できるため味や鮮度が落ちにくいのだそうです。しかも今回私が買ってきた枝豆は地元埼玉県産でしたので、その辺も甘くおいしかった要因かと思います。鮮度が重要ということもあってか枝豆の生産量は2016年までは10年以上連続で千葉県が全国1位で、埼玉はベスト3の常連と、東京に近い県が上位に多い典型的な近郊農業の作物となっています。(ちなみに2018年は群馬県が全国1位となっています。)


さて、ビールに枝豆というのは定番の組み合わせですが、この組み合わせは実に理にかなっているそうで、枝豆に含まれるアミノ酸の一種「メチオニン」は肝臓の働きを助けてアルコールの分解を促してくれるのだそうです。という口実で自分を正当化しつつ、今日も美味しい枝豆とビールを楽しみに頑張って働きたいと思います。(笑)


山形県鶴岡市周辺で収穫される「だだちゃ豆」という枝豆がありますが、この「だだちゃ」とはどのような意味でしょう?

ア お父さん  イ お母さん  ウ おじいちゃん


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村



テーマ :
ジャンル : 学校・教育

ついにこんな時代が来たか・・・

先日、小学生の英語の授業で複数形を扱っていたときの話です。私が「childの複数形はchildsではなくchildrenになる」という説明をして「Mr.Childrenっていうバンドがあるけど知っているかな?」と恐る恐る聞くと、三人全員に「知りません」と言われてしまいました。以前は認知度ほぼ100%だったミスチルですが、ここ数年は「知らない」という子も現れていたので、恐る恐る聞いたのですが、三人とは言え、まさかの全滅に「ついにこんな時代が来たか・・・」と思ってしまいました。


中学生の授業でその話をして確認してみたところ、中1、中2、中3とも半数以上がミスチルを知っていました。小学生が全員知らなかったという話をして中学生から「ジェネレーションギャップですね。」という言葉が出たときには、ちょっと笑ってしまいましたが、確かにちょうど今の中学生と小学生の間あたりにちょっとした境目があるのかもしれません。というのも、小学生にどんな音楽を聴いているのか尋ねると、You Tubeの動画から人気に火が付いたシンガーソングライターの瑛人(えいと)さんの「香水」という曲の名前が出てきたのです。今の小学生は、すでにスマホやタブレットを使って動画で音楽に接しているということのようで、中学生たちに言わせるとそのあたりが「今どきの小学生は違う」というポイントな訳です。(笑)考えてみると、音楽を聴く手段がどんどんと変化していく中で「レコードを知らない世代」「MDを知らない世代」「CDを買ったことがない世代」と次々に新たな世代が登場してきた訳で、音楽に関しては10年ごとくらいにジェネレーションギャップがあるということなのかもしれません。


さて「なぜchildはchildsではなくchildrenなのか?」という点ですが、古い時代の英語では「n」という複数形が存在していて、childrenはそのほぼ唯一の生き残りということのようです。(他にも一応「brotherの特殊な複数形であるbrethren(ブレザレン)」などの生き残りもあるようですが。)ちなみに、ミスチルの由来は、childrenという言葉が好きだったので使うことにしたが、「大人なのにchildrenというのも」という訳で正反対のMr.を付けたということだそうです。


今日はchildの複数形にまつわるクイズです。磯野貴理子さんなどが所属していた3人組女性お笑いアイドルグループ「チャイルズ」のプロデューサーをしていたのは次のうち誰でしょう?

ア 萩本欽一  イ 秋元康  ウ ラサール石井


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

「地球」と名付けたのは誰?

先日の中学1年生の地理の授業中に「地球と名付けた人は誰ですか?」という質問を受けました。みんなにどう思うか聞いてみたら、日本人説、中国人説、欧米系説といろいろでした。

日本語の「地球」という言葉は江戸時代に中国から伝わってきて広まったそうです。では中国で「地球」という言葉を使い始めたのは誰かというと、小学館の「日本国語大辞典」には「明末中国を訪れたイエズス会士マテオ=リッチによる造語。「天球」からの類推で考案か」とあります。マテオ・リッチはイタリア出身のイエズス会の宣教師で、中国でのキリスト教布教に成功し、東西の文化交流の懸け橋となった人物として有名です。というわけで質問の答えは「イタリア人のマテオ・リッチ」ということになります。が、マテオ・リッチは利瑪竇(りまとう)という中国名を名乗り、北京で亡くなり葬られていることを考えると今でいえば帰化していると言ってもよいかもしれない状況ですから、中国人説も半分正解と言えるかもしれないという話になりました。ちなみに、「日本海」という表記を初めて用いたのもマテオリッチではないかと言われているので、日本にも縁がある人物ということになります。

マテオリッチ
マテオ・リッチ

ところで、世界史を習っていた高校生の頃、このヨーロッパ人宣教師の中国名シリーズはなかなかの難敵だった覚えがあります。マテオリッチが利瑪竇(りまとう)、カスティリオーネが郎世寧(ろうせいねい)、ブーヴェが白晋(はくしん)あたりまでは何となく発音的に想像がつかなくもないのですが、フェルビーストが南懐仁(なんかいじん)とかアダム・シャールが湯若望(とうじゃくぼう)などは「なんでやねん!」となぜか関西弁で突っ込んでしまった記憶があります。そして中国名「雷孝思(らいこうし)」というレジスは何となくかっこよくてすぐに覚えられました。(笑)


今回は、なかなかいい質問が出たおかげで楽しく勉強をすすめることができて記憶の定着もよかったようなので何よりでした。これからもよい質問を楽しみにしながら授業を進めていきたいと思います。お読みいただきありがとうございました。


本日は欧米系の人名の中国語表記に関するクイズです。中国語で「特朗普」と表記される人物は誰でしょう?




▼解答を表示する





進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数