進学塾アルファ狭山校 敬老の日の由来
FC2ブログ

敬老の日の由来

本日は敬老の日です。そこで、敬老の日の由来についてご紹介したいと思います。


現在の「敬老の日」のきっかけは、1947年に兵庫県の多可郡(たかぐん)野間谷村(のまだにむら)で、「老人を大切にして、知恵を借りよう」ということで「としよりの日」を作ったことだと言われています。これが全国へ広がり、1966年からは国民の祝日として「敬老の日」が制定されたそうです。ここで驚くのは、1947年の「としよりの日」の対象は55歳以上だったということです。日本の社会で急速に長寿化と高齢化が進んだことがわかりますね。


敬老


敬老の日は、もともとは9月15日とされていましたが、2003年からは9月の第三月曜日とされているので、今年は本日9月17日が敬老の日となりました。さて、なぜ敬老の日が9月15日になったかについては、諸説あるそうですが一番有力なのは「養老の滝」伝説にちなんだという説です。奈良時代に源丞内(げんじょうない)という名前のコツコツと働いては年老いた父親に大好きなお酒を飲ませてあげていた親孝行な若者がいて、ある日その若者が山の中で酒が流れる不思議な流れを発見し毎日お酒を飲ませてあげられるようになったという伝説が「養老の滝」伝説です。その出来事が元正天皇(げんしょうてんのう)の耳に入り、9月の中頃に天皇が美濃の国(みののくに)にある養老の滝を訪れたことにちなんで9月15日が敬老の日になったということだそうです。(ちなみに、元正天皇は養老の滝を訪問した後に元号を「養老」とする改元を行いました。元号についてはこちらの記事をご参照下さい。


こうした日があることがきっかけになって、身近な人に感謝の気持ちを表すことができるのは良いことですね。みなさんもぜひ、感謝の気持ちを表してみてはいかかでしょうか。(私も今日は仕事があるので、先日実家の両親に電話をしました。また、近々好物を送る予定です。)


最後までお読みいただきありがとうございました!



さて、本日は旧国名についてのクイズです。「養老の滝」があった美濃の国は現在の何県でしょう?

ア 和歌山県    イ 富山県   ウ 岐阜県

解答を表示する

答えは、「ウ」の岐阜県でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!





進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数