進学塾アルファ狭山校 Johnにhは必要?
FC2ブログ

Johnにhは必要?

先日の英語の授業で、「英語の人名John(ジョン)にはなぜhが必要なのか?」という話になりました。Johnというのは聖書の登場人物である「ヨハネ(Johannes)」の英語読みなので、ヨハネの「ハ」の発音の名残でhという文字が残っているという話をしました。

バッハヨハン・セバスチャン・バッハ


欧米系の人名では、このジョンのように、聖書の登場人物に由来する名前が多く存在します。そして、そうした名前は言語によって微妙に(場合によっては大幅に)発音がちがいます。例えば、ヨハネの場合、英語ではジョン、ドイツ語ではヨハン、フランス語ではジャン、イタリア語ではジョバンニとなります。つまり、ジョン・レノンとヨハン・セバスチャン・バッハとジャン・バルジャンは同じ名前だったということになります。他にはペテロが、英語ではピーター、ドイツ語ではペーター、フランス語ではピエール、イタリア語ではピエトロとなります。


授業では、大幅に違う例として、高校の世界史や日本史で登場するロシアの女帝「エカチェリーナ2世」(大黒屋光太夫(だいこくやこうだゆう)が拝謁した相手として登場します。)は英語表記だと「キャサリン2世」となってしまうという例を紹介しました。英語を勉強しているとキリスト教が関係してくることも多いですから、興味を持ってみると、より深く英語が理解できて良いかもしれませんね。


このブログを読んでくれている生徒から、クイズを出すときに一回の問題数が多いという貴重なアドバイスをもらったので、少しずつ出してみようかと思います。早速今日の一問



問題 英語の「ルイス」は、ドイツ語だと「ルートヴィヒ」、フランス語だと「ルイ」となりますが、イタリア語だと何というでしょう?
(ヒント:任天堂のある有名なゲームキャラクターの兄弟の名前です。)
解答を表示する

答えは「ルイージ」です。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!






最後までお読みいただき、ありがとうございました!



進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 英語
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数