進学塾アルファ狭山校 弊蔽幣(へいへいへい)
FC2ブログ

弊蔽幣(へいへいへい)

仕事が立て込んだうえに、パソコンのキーボードの故障が重なって、すっかり更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。今日からまた一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。さて、アルファは漢検の準会場になっているので、遠くの本会場に行かなくても塾で漢検を受検し、資格を手にすることができます。ただし、準会場で受験できるのは、高校卒業程度とされる2級までで、準1級と、1級は本会場でしか受けられないのですが、今回中学生三人が、アルファで受けられるなかでは一番上位の、常用漢字2136字全てが出題範囲となる2級を受検し、なんと三名とも見事に2級に合格しました。中学生で2級に合格するのは、結構大変なのですが、やはりその3名は取り組み方がなかなか良かったのが大きいと思います。

「取り組みが良い」というのは、例えば「同じ「へい」と読む弊・幣・蔽という三文字について、漢和辞典で調べて「弊は悪い意味で、幣は良い意味、蔽は「覆う、隠す」という意味だ」というイメージをもって覚えていたのが一番象徴的でしたが、反復練習でマスターするという基本を大切にしつつも、表意文字である漢字の特徴を生かして、意味や成り立ちを考えながら学習していたのが大きな勝因だという意味です。

五平餅御幣餅(ごへいもち)

せっかくなので、弊、蔽、幣について少し詳しくご紹介すると、まず「弊」ですが、実は本来は下の部分が「犬」の「獘」という字として成立しています。「犬が疲れて倒れて死ぬ」という成り立ちで、「倒れる」「疲れる」「止まる」「悪い」などの意味があり、「疲弊」「弊害」などの熟語で使われ、またそうした意味から自らの側を低める「弊社」などといった謙譲語でも使われます。「蔽」は「ものがぼろぼろになって草で覆われる」という成り立ちで、「隠す」という意味で「隠蔽」などの熟語で使われます。「幣」は布を表す「巾」という字が下の部分についていて「神に捧げる布」という成り立ちで、のちに銭を神様に捧げるようになったところから「お金」という意味も持つようになったそうです。神に捧げる布という意味では「御幣餅(ごへいもち)、五平餅」などで知られる「御幣」という熟語で使われ、お金という意味では「紙幣」「貨幣」などの熟語で使われます。これからも「漢字の勉強は、成り立ちや意味をうまく利用して」という方式で、漢字が好きな生徒を増やせるように取り組んでいきたいと思います。


「幣」は「神様に捧げる布」という意味では「ぬさ」などと読みますが、百人一首の「このたびは幣(ぬさ)も取りあへず手向(たむけ)山 紅葉(もみぢ)の錦(にしき)神のまにまに」という歌を詠んだ人は誰でしょう?


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



関連記事「完壁な熟で成積アップ」へはこちらからどうぞ。


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村




関連記事

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

漢検2級すごいですね。
高校生の頃に3級受けて合格したと思うのですが
何も残っていないような(^_^;)

弊・幣・蔽
勉強になりました。
仕事柄、御幣はよく使いますが
理解せず使ってました(^_^;)

係長さま

コメントをありがとうございます!本当によく頑張ってくれていると思います。御幣のような伝統を大切にしたいですよね!
プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
4位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数