進学塾アルファ狭山校 一点突破
FC2ブログ

一点突破

IMG_3128.jpg

ラビュー



先日、西武鉄道の新型特急ラビューに乗りました。上の写真のように、窓が非常に大きいのが特徴です。ニュースで見た際や、以前に外観を見た際に「随分思い切った窓の大きさだなぁ」とは思ったのですが、実際に乗ってみるとそのインパクトは予想以上でした。足元まで窓が来ているので、今までに見たことが無いような角度の風景までが見えて、とても開放感がありました。ただし、駅で停車した際には、足元まで丸見えなのでちょっと恥ずかしいかもしれないなぁなどと思ってしまいました。(笑)


さて、新型の特急と言うことで座席などもリクライニングも含めてとても快適でしたが、やはり眺望を意味する「View(ビュー)」という名前を付けていることからもわかるように、風景を見やすい窓が最大の特徴で、他の会社の新型の特急と比べた場合に「眺めの良さに特化した一点突破」という印象を持ちました。先ほども書いた通りで、一点突破と言っても良いほどの大胆なデザインには、当然デメリットもあると思います。ですから、特にお客さんの様々な意見が表面化しやすい現代社会では、どうしても無難さを重視してしまう傾向もあるように思います。その点で、今回のようなチャレンジを私は個人的に評価したいと思いました。

なぜ、そんなことを思ったかというと、先日、勉強についての一点突破に関して考えさせられる出来事があったからです。割と最近アルファに入ってくれたある生徒が、今まで通知表で2以下しかとれなかった5教科のうち、社会を頑張って今回は3をとってきたのですが、担任の先生に通知表を渡される際に「社会だけ頑張っていてもダメだ。他の科目も頑張りなさい」と言われてしまったのです。頑張って成績を上げたことは一切ほめてもらえなかったのがショックだったようで、塾に来て通知表を見せてくれた際に「社会良かったね!」と声をかけると、学校での一件について話してくれました。担任の先生が言っていることはもちろん正論ではあるのですが、今回に関しては正直あまり評価できない対応だと私は思ってしまいました。私の経験上、それまで全体的に勉強から逃げてきたタイプの生徒が勉強に向き合う際にいきなり全教科同じように上がっていくことは珍しいと思うからです。逆に、まず「一点突破」的に得意教科を作り、そしてそれを他の教科に波及させていくのがセオリーと言えるように思います。という訳で、今回もそういった話をして気を取り直して頑張ってもらうことにしました。というお話でした。お読みいただきありがとうございました。


本日は、西武鉄道の特急に関するクイズです。これまでの西武鉄道の特急の愛称は「レッドアロー」と言いますが、「アロー」とは英語でどんな意味でしょう?


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



関連記事「台風一過で朝から営業中~西武ライオンズ優勝」へはこちらからどうぞ。


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村





関連記事

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
いつも楽しく訪問させて頂いております。
今回のその担任の先生の対応は、どうかなという感じを受けます。
頑張って、社会だけでも成績を上げたことは事実なのですから、まず、その頑張った事を認めてあげるべきじゃないかなと思います。
でないと、頑張った事も含めて全否定されている様な気持ちになり、逆効果です。
一点突破できたことは、実はすごいことなんですよね。
頑張ったね、すごいね、と言って、「頑張ればできる」という認知付けを行うことで、それを他の教科にも波及させていく、本当におっしゃる通りだと私も思います。
「そんな事で満足するな!もっと頑張れ」というムチを打つやり方も、一理あり、昔はそれで、ナニクソと頑張る子供もいたと思いますが、今の時代には合ってないと思います。

クイズの答え、「矢」でしょうか。

No title

一度乗ってみたいですね~ 座席に座ったら下から上まで窓ってどんな感じになるのか・・・
確かに一点突破したらその次に見えるものが違ってきますからね~ 私は日本史がものすごく得意でした。あとはそれに引っ張られる形で少しづつ上がってきましたね~ 褒められて嫌な感じはしませんからね

No title

興味深く記事を拝見させていただきました。
「成果が出ているのに、良いところをほめてもらえず、逆に心無い言葉をかけられてモチベーションが下がる」というのは教育現場では昔も今も変わってないんだな、という思いで、ほかの読者の皆様と同様、私も残念な思いをしております。
逆に、公的な教育機関がある意味機能不全を起こしているから、塾の存在意義もあるのかな、とも思いますので、御社におかれましては、これからもいい教育サービスの提供を継続して実践していただけますと、幸いです。

森の端材工房さま

コメントをありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。高校野球のベテランの指導者の方々が今の時代には、ナニクソで頑張らせるのは難しいと言っているのを読んだことがあります。クイズの答え大正解です!

自遊自足さま

コメントをありがとうございます。日本史がお得意でいらっしゃったのですね。歴史が好きだとテレビなどを見ていても楽しめる場面が多くて良いですよね!

まっつん様

コメントをありがとうございます。本当にありがたいコメントを頂いて恐縮です。やはり学校という場の難しさはあるのだとは思いますので、うまく補完できるように心がけたいと思っております。
プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数