進学塾アルファ狭山校 節分
FC2ブログ

節分

仕事が立て込んで、更新が遅れてしまって申し訳ありません。今日からまたよろしくお願いいたします。さて、2月3日は節分で「恵方巻(えほうまき)を食べた」「豆まきをした」という生徒も多くいました。今日は、少し遅くなってしまって申し訳ありませんが、節分についてご紹介したいと思います。

二十四節気

中国で作られた二十四節気(にじゅうしせっき)という一年を24等分して、季節を表す名前を付ける仕組みの中で、春夏秋冬が始まる時期が立春(りっしゅん)、立夏(りっか)、立秋(りっしゅう)、立冬(りっとう)と名付けられています。それぞれの季節が始まる日の前日が季節の分かれ目の日なので「節分」と呼ばれます。ですから、実は節分は年に四回ありますが、昔の暦で立春が始まる日を新年の始まりと考える場合もあったことから、その前日である節分が一年の最後の節目の日として意識されることが多くそのため行事なども多くなったため、日本で「節分」と言った場合には立春が始まる前の日を意味するようになったようです。ちなみに、二十四節気は中国の季節感に合わせて作られたものなので、日本の季節とは一カ月近くズレがあり、そのためよく「暦(こよみ)の上では春を迎える」などと言った言い方がされます。


さて、その節分は2020年までは2月3日で固定となっていますが、天体の動きの関係で2021年は2月2日が節分となり、それ以降も4年ごとに2月2日が節分となる年が出現することになるそうです。節分と言えば「豆まき」を連想する方も多いかと思います。節分の豆まきは中国から伝わった風習が元になっていると考えられ「季節の変わり目に鬼(悪い気)が発生するので、それを払う」という考えだそうです。穀物には邪気を払う力があると考えられることや、豆(まめ)が「魔滅(まめ)」に通じると考え、魔目(まめ)=鬼の目に向かって豆を投げるということになったそうです。そのため「魔目を射る(いる)」ということで「豆を炒る(いる)」ことから生の豆ではなく、炒り豆を使うのだそうです。ちなみに、以前にもご紹介しましたが、北海道などでは節分の豆まきに炒り豆の代わりに殻付きの落花生を使用します。柊(ひいらぎ)や鰯(いわし)を飾るのも魔よけのためで、柊のトゲや鰯の匂いで鬼を払うという狙いだとされています。


近年節分の風習の一つとして全国的に定着したのが「恵方巻(えほうまき)」です。恵方巻の起源については諸説あるようですが、大阪の商人などの間で発生した風習が、コンビニエンスチェーンのキャンペーンで全国区になったという説が有力なようです。恵方とは、その年の福を司る(つかさどる)神である歳神(としがみ)・歳徳神(としどくじん)がいる方角を指し、その方角に向かってお願いごとをすると良いとされています。恵方は江戸時代などには広く親しまれていた考えで、江戸時代の暦(こよみ)=カレンダーには、その年の恵方が書かれていたそうです。恵方巻の趣旨はとても良いと思いますので、一部で見られるようなロスなどをうまく減らしてもらえるとより良いかと思います。また、節分には「けんちん汁」を食べるという風習がある地域もあるそうで、生徒たちに聞いてみたところ、一人の生徒がけんちん汁を食べたと教えてくれました。ちょうど寒い時期ですので、温まるけんちん汁もよい習慣だと思います。お読みいただきありがとうございました!


本日は、けんちん汁にちなんだクイズです。「けんちん汁」の由来になったいう説がある鎌倉にあるお寺はどれでしょう?

ア 円覚寺(えんがくじ)  イ 建長寺(けんちょうじ)  ウ 極楽寺(ごくらくじ)



▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村






関連記事

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数