進学塾アルファ狭山校 2019年07月27日
FC2ブログ

土用の丑の日

今日は土用の丑の日です。今日は偶然にも土曜日なので、「土曜」の丑の日だと思っている生徒がいつも以上に多くなってしまいました。(ちなみに今日のクラスでは7人中5人がウナギが好きで、2人はそれほど好きではないということでした。)「土用」というのは、立春、立夏、立秋、立冬前の18日間を指します。つまり、次の季節が始まる直前の期間ということです。中国から伝わった季節の区分法である二十四節気(にじゅうしせっき)を補う雑節(ざっせつ)の一つです。なぜ「土用」と言うかというと、中国の陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)で全ての事柄を木火土金水に区分した際に、春=木、夏=火、秋=金、冬=水になり、あまった土の気を季節の変わり目の気と考えたためだそうです。ですから、実は「土用」は四季それぞれにあるのですが、日本では夏の土用が梅雨明けの暑さが厳しい時期にあたるので、高温多湿の日本の気候において注意すべき時期に当たることから、夏の土用が注目されるようになったようです。

うなぎ

「丑の日」の方は、十二支を順番にそれぞれの日に割り当てていく風習に由来します。12日で一巡し、土用は上で書いたように18日間あるので、年によっては夏の土用の期間に丑の日が二回あることになります。この場合、それぞれを「一の丑」「二の丑」などと呼びます。土用の丑の日には、丑の「う」にちなんで、「梅干し」「うどん」「うり」などの「う」のつく食べ物を食べて夏バテを予防するという風習があります。もちろん、一番有名な「う」のつく丑の日の食べ物のは「うなぎ」ですね。奈良時代の歌集、「万葉集(まんようしゅう)」に大伴家持(おおとものやかもち)が痩せこけた知人の夏痩せ防止にうなぎを勧める歌があります。「石麻呂(いしまろ)に 我れ物申す 夏痩せに よしといふものぞ 鰻(むなぎ)捕りめせ」という歌です。奈良時代から、ウナギが栄養のある食べ物と考えられていたのが面白いですね。ちなみに、この歌では「むなぎ」と書いてありますが、実はウナギの胸の部分が黄色がかっているところから「胸黄(むなぎ)」という名前になったという説があります。そして、なんと現在でも養殖物のウナギは腹側が白いのに対して、天然物は腹側が黄色い、いわば「胸黄」になっていることが多いのでそこで養殖と天然を見分けることもあるのだそうです。


小学校四年生の国語の教科書で「ウナギのなぞを追って」という説明文が出てきます。2009年の5月に世界で初めて天然のウナギ卵をマリアナ沖で採取し、産卵地点の特定に成功した東京大学名誉教授の塚本 勝巳(つかもとかつみ)先生が書いた文章です。塚本先生をはじめとする多くの研究者の努力の結果、謎が多いウナギの生態について多くの発見がありましたが、しかし2014年には絶滅危惧種に選定されるなど、ウナギを取り巻く環境は厳しいものがあります。つい先日も、環境省が「食品ロスにならないように大事にいただきましょう。食べる方はできるだけ予約して、季節の行事を楽しみましょう!」というツイートをして炎上騒ぎになっていましたが、塚本先生も「銀ウナギは全面禁漁、黄ウナギの漁獲も控えて。シラスウナギの採捕制限の強化も必要です。だけど、ウナギを全く食べないのでは食文化が消えてしまう。僕らの研究の意義も半減です。だからしばらくは、“ハレの日”のごちそうとして大切に味わうのはどうでしょう」とおっしゃていますので、ウナギ好きの私としては、大切に味わうことにしたいと思います。と言いつつも、やはりなかなか良いお値段なので、今日か明日あたり売れ残りのタイムセールを狙って資源保護に努めたいと思います。(笑)


本日はウナギに関するクイズです。ウナギは生育環境などで性別が決まりますが、養殖のウナギのほとんどがなる性別はオス・メスどちらでしょう?


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



関連記事「節分」へはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数