進学塾アルファ狭山校 2019年07月20日
FC2ブログ

月着陸から50年

アポロ11号による月着陸が成功した1969年7月20日から50年となります。特集などが組まれているので、ご覧になった方も多いかもしれません。多くのエピソードがありますが、私が興味深く思うのは、初の月周回に成功したアポロ8号からたった半年で月着陸に成功していることです。今では考えられないようなこのスピードはソ連と競っていたことが原因です。当時は冷戦の最中で、初の有人宇宙飛行でソ連のガガーリンに先を越されたこともあって、月探査に関してはアメリカが国家の威信をかけていたからこその異常なペースだと言えます。ちなみに、アポロ8号の月周回も、当初の計画からかなり強引に前倒しされたものだそうです。

地球の出

そして、そのアポロ8号の月周回飛行の際に撮られたのが上の有名な「地球の出」と呼ばれる写真です。本来は、月の写真を撮るのがメインだったはずなのですが、あまりの光景に思わず地球を撮ってしまったのが、この歴史的な写真となったのですから面白いものです。この写真が、「人類」という意識や「地球環境」というものへの意識などに与えた影響は非常に大きなものがあると言われていますが、そうした写真が本来は撮る予定のないものだったというのが興味深いですね。


アポロ11号の飛行では3人の宇宙飛行士が活躍しています。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」というセリフが有名なニール・アームストロング船長、そしてディズニーのトイストーリーのバズ・ライトイヤーの名前の由来になったことでも知られるバズ・オルドリン飛行士の二人が月面に着陸しました。実はその間、もう一人のマイケル・コリンズ飛行士は一人で司令船に残り、月の上空を周回飛行しながら待機していました。このコリンズ飛行士の言葉が興味深いので、ご紹介したいと思います。「月の裏側にいるときは格別な感情を味わった。私はほんとうに1人だ。私は今1人、まったくの1人だ。月の向こう側には30億人プラス2人、こちら側には1人プラスそれ以外の人数」 という言葉です。それ以外の人数というのは、地球外の生命体ということなのでしょうが、そうした存在を体感させられるような究極の孤独感を感じられるような特殊な体験だということだと思います。それにしても50年前は全世界の人口が30億人だったことにも改めて驚きます。


さて、アポロ計画に思うことが二つあります。一つ目は競争というものの持つ魔力です。最初に触れたように、アポロ計画の進み具合というのは、異常なものがあります。とにかくソ連という強力なライバルが存在したことが大きいと言われています。そして、アポロ計画から数十年間、月の有人探査は費用面などから行われませんでしたが、そこにはソ連というライバルが消えてしまったことも影響しているように思います。最近になって「アルテミス計画」という月探査計画が本格的に始動したのは、中国が宇宙開発においてもアメリカのライバルとして存在感を増してきたのが大きいのもあるように思われるのもライバルの存在のもつ力の証拠なのではないでしょうか?生徒たちに指導していても、うまくライバルをつくることで大きく飛躍する例を何度もみているだけに余計にそのように思います。


二つ目は、目標の難易度設定の重要性です。アポロ計画ではケネディ大統領が有名な演説で「1960年代のうちに月に人間を送り込む」という目標を設定しました。結果的にその目標は達成されましたが、正直言ってかなり大変な、ギリギリの目標だったように思います。実際ケネディ自身が「not because they are easy, but because they are hard(それらの目標が簡単だからではなく、難しいからこそ目指すことに決めた)」と演説しています。頑張れば到達できるギリギリの目標というのが大きな成果につながるということなのだと思います。生徒たちにもそうした上手な目標を設定して大きな成果をあげてもらえる夏期講習にしたいと思っています。お読みいただきありがとうございました。


アポロ

上の写真のアポロ宇宙船の司令船の形をヒントにしたお菓子が明治の「アポロ」ですが、そのアポロを作るのと同じ機械を使って作れるようにということで開発されたお菓子は何でしょう?



▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


関連記事「目標は具体的に!」へはこちらからどうぞ。


関連記事「バズってて草?」へはこちらからどうぞ。


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
2位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数