進学塾アルファ狭山校 2019年07月14日
FC2ブログ

カーナビあるある?

先日、説明会のために東松山と嵐山町まで行った際に、慣れない道だったので、カーナビのお世話になりました。どうやらカーナビ運が良くない日だったらしく、ちょっと苦労してしまいました。

まずは、東松山にある東農大三高さんに向かう途中に、カーナビの推奨する道を進んだところ、道が徐々に細くなってきて、最後は久しぶりの砂利道になってしまいました。最初は「お~砂利道なんて、久しぶりだなぁ」などと思っていたのですが、梅雨のシーズンということで、途中から泥道になってきてしまい笑ってもいられなくなってきました。結局、車が泥だらけになって高校に到着したのですが、校門の前まで行くと、反対側からスクールバスがやってきました。当然そちらは舗装されている二車線の道路でした。帰りはもちろんそちらの道を利用したのですが、距離的にも行きの砂利道とほとんど変わりませんでした。どうやら、ほんの少しでも距離が短い方と言うことでカーナビはそちらの道を選んだようです。(笑)

多和目橋

そんなことがあった帰り道に更に恐ろしいカーナビあるあるが待っていたのです。午後に大妻嵐山さんの説明会に参加して、帰り道に坂戸市(さかどし)を通っていた際に、徐々に細い道に入り込んで「ちょっと嫌だなぁ」と思っていた時に、カーナビが「左折です」と言うので前方左をみるとあったのが上の写真の多和目橋(たわめばし)だったのです。真正面から橋に向かうのであれば少し考えたかもしれませんが、左折しながらこの橋に突入するのは、それほど運転が上手でもない自分には無理だと思い、右折して別の道に回ることにしました。多和目橋は高麗川(こまがわ)にかかる木造の橋で、車で渡るとガタゴトいうので、「ガタゴト橋」などという通称もあるそうです。幅は1.9mですので、渡れないことはなかったようですが、幅制限オーバーの車が侵入しないように建てられている鉄柱には、車が付けたと思われる大きな傷がいくつかあるのが見えたので、「やはり挑戦しなくてよかったな」と思いました。実は、以前に同僚から「鉄柱のあたりにぶつかって折れてしまったサイドミラーが落ちていますよ」というこの橋の物騒な噂は聞いていたのも大きかったと思います。

カーナビ

それにしても、左折しながらあの橋に入って渡れとはカーナビくんもなかなか無茶なことを言うと思わず苦笑いしてしまいました。カーナビは本当に便利なのですが、ときどき難易度が高い道を推薦してくることがあるのがちょっと困ったところです。ちなみに、1981年にホンダが開発した世界初の地図型カーナビ「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」は、上の写真のように車を出発させる際に、現在位置に合うように地図のフィルムを手差しでセットして調整するというものだったそうです。それから約40年でのカーナビの進化は驚くべきものだと思います。先日はちょっと困らされましたが、感謝を忘れずにこれからもカーナビのお世話になっていきたいと思います。(笑)お読みいただきありがとうございました。


今日は坂戸市にちなんだクイズです。多和目橋の目の前にある大学は次のうちどれでしょう?
(ヒント:箱根駅伝にもよく出場しています。)

ア 東京国際大学 イ 女子栄養大学 ウ 城西大学


▼解答を表示する




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


関連記事「山村国際高校さんの説明会へ行ってきました!」へはこちらからどうぞ。


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

進学塾アルファ狭山校

Author:進学塾アルファ狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
4位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数