進学塾アルファ 狭山校 トリアージ~テスト上手になるために
FC2ブログ

トリアージ~テスト上手になるために

カカシ


本日は、城西大付属川越高校さんの説明会に参加させていただきました。川越市内ではありますが、自然に囲まれた環境で、上の写真のようにカカシに歓迎してもらいながらの訪問となりました。人数が多すぎない男子校ということで、比較的アットホームな雰囲気を大切にされている学校という印象です。ガツガツではなく、じっくり丁寧に指導して進学で結果を出したいという考えとのことでした。


第四回の北辰テストの結果が返却されました。アルファ生全体では偏差値が+0.5という結果でした。最高では前回より偏差値が+5.7となった生徒もいて、夏期講習・合宿の成果を発揮してくれた生徒が多くいたのは大変うれしいことです。しかし、残念ながら前回からダウンしてしまった生徒もいました。次回リベンジしてもらえるように声をかけて、一緒に勉強メニューを考えたいと思います。ダウンしている中で特に気になったのは、特定の科目で大きな失敗をしているパターンです。これは、主に国語・数学などで時間配分をミスしたときに見られる現象です。

mig.jpg
テストで時間配分を上手に行うには、救急医療の分野で行われている「トリアージ」が参考になるので、ご紹介したいと思います。「トリアージ」は「選別」を意味するフランス語のtriageという言葉に由来し、大規模な救急事故現場などにおいて、患者の治療・搬送などの優先順位を選別する作業を指します。映画、ドラマなどでご覧になって知っている方も多いのではないでしょうか。一般的なトリアージでは、上の図のように色分けされたタグが利用されます。「赤色が使われるカテゴリーⅠは、命に関わり緊急性が最も高いもの」「黄色が使われるカテゴリーⅡは、赤ほど緊急ではないが処置が必要なもの」「緑色が使われるカテゴリーⅢは緊急の搬送・治療の必要がないもの」「黒が使われるカテゴリー0は生命兆候が無いもの」だそうです。時間や人的な資源などが限られる中で出来るだけ多くの人命を救うためのギリギリの判断が「トリアージ」ということになります。ちなみに、残念ながら私はまだ見に行けずにいるので伝聞ですが、現在上映中の「劇場版コードブルー」でもトリアージの場面が登場するそうです。


2018073107.jpg



さて、そうした「トリアージ」と比べるのは少し失礼かもしれませんが、テストというのも時間が限られていて、優先順位付けが必要という点では似た部分があります。テストの場合には、「解けそうもない難題が黒のカテゴリー0」「解けそうで、しかもそれほど時間をかけずにできそうな問題が赤のカテゴリーⅠ」「解けそうだけれど、時間がかかりそうなのが黄色のカテゴリーⅡ」ということになるでしょうか。そうした選別をすることで、最大限に効率よく点数を確保することができるようになります。


では、どうすればその選別をできるようになるかというと、過去問を使った意識的な練習が重要です。まず、過去問をやる際には自分なりにマークを決めて、解く前に問題の難易度の予想と予定時間を記録します。そして、実際に解くのにかかった時間も記録します。〇付けをして、直しの作業をする際に、自分の予想と実際に解けたかどうか、時間的な見積もりは正しかったかという確認作業をするのです。これを繰り返すと、テスト版の「トリアージ」をする力が磨かれます。ぜひ試してみてください!


さて、今日は医療の話でしたので、医学者についての問題を一題、ぜひ挑戦してみてください!

publicdomainq-0013086hwd.jpg

問題 黄熱病の研究などで知られ、現在の1000円札にも肖像画が使われている上の写真の細菌学者の名前は何でしょう?
解答を表示する

答えは、野口英世(のぐちひでよ)でした。






進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

進学塾アルファ 狭山校

Author:進学塾アルファ 狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
17位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数