進学塾アルファ 狭山校 2018年09月
FC2ブログ

またまたまた台風です。

強い台風24号が接近しているため、本日は臨時休校とさせていただきます。安全を考慮しての判断ではありますが、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

相沢さん相沢忠洋(あいざわただひろ)さん

さて、台風は多くの被害をもたらし、本当に迷惑な存在ですが、時として思わぬ効用をもたらすこともあります。今回は台風の意外な効用についてご紹介したいと思います。まずは一例目は、日本にも旧石器時代があることを証明した大発見である相沢忠洋(あいざわただひろ)さんによる打製石器の発見です。相沢さんが納豆の行商などをしながら、独学で考古学の研究を行い、群馬県の関東ローム層の崖から打製石器を発見し、群馬県から自転車で片道9時間かけて東京の大学まで石器を見せに行ったところから、日本における旧石器時代の研究がはじまりました。その相沢さんが打製石器を発見できたのは、台風によって崖の一部が削られて石器が露出していたことが大きかったと言われています。危険で迷惑な台風ですが、もしこの台風による偶然のアシストが無ければ、日本の考古学の研究は数十年単位で遅れていたかもしれないのです。



白化白化(はくか)したサンゴ

台風には、海水がかき混ぜられて、深い部分の冷たい海水が上昇することで海水温が下がるという効果があるそうです。この効果がわかるのが、サンゴの白化(はくか)です。サンゴの生存には、中に共生する褐虫藻(かっちゅうそう)の存在が欠かせないそうですが、海水温が上昇しすぎると、褐虫藻がいなくなってしまってサンゴが白化してしまい、最終的には死滅してしまうのだそうです。非常に台風が来るのが遅かった1998年にはサンゴの白化が大規模に進行してしまったそうです。サンゴの生存には台風による海水温の低下がある程度は必要だということのようです。


台風はもちろん、迷惑で危険な存在ですが、時として台風にも効用がある場合もあるということでしょうか。台風への備えをしっかりとして、人間の力でできるだけ被害を軽減してうまく共存していくことが大切なのかもしれませんね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。




三内丸山


さて、今回は遺跡発見に関する問題です。青森県の県営野球場建設の途中で巨大な集落跡が発見されたことがきっかけで保存や展示がすすめられることになった縄文時代の代表的な遺跡といえば、何遺跡でしょう?(上の写真の遺跡です。)


解答を表示する

答えは「三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

今日で原敬内閣発足百周年

1918年の9月29日に日本初の本格的な政党内閣である原敬(はらたかし)の内閣が発足してから、今日でちょうど100年目になります。この100年間で日本の政治が進化したのかどうか先日の「カツカレー食い逃げの4人を本気で探している」という話を聞くと非常に不安になりますが、先日社会の授業で触れたので、今日は原敬についてご紹介したいと思います。(カツカレー食い逃げの件についてはこちらの記事をどうぞ。

原敬

原敬は、岩手県出身の政治家で、米の値段が高くなったことに反発して全国で暴動が起こった米騒動の混乱を受けて、選挙で国民に選ばれた衆議院の議員でなければその混乱を止められないということで、1918年に立憲政友会(りっけんせいゆうかい)の総裁として日本初の本格的政党内閣を組織しました。日本では、それまで薩摩(さつま=鹿児島)と長州(ちょうしゅう=山口)出身の政治家や軍人が総理大臣となる藩閥政治(はんばつせいじ)が続いていました。そうした藩閥の爵位(しゃくい)を持った政治家と違う、平民出身の原敬が総理大臣になったので「平民宰相(へいみんさいしょう)」と呼ばれました。


原敬は、アメリカのすごさを早くから見抜いていた点や、軍や藩閥の勢力と渡り合いながら政党の勢力を広げた点など、非常に実力のある政治家でした。「我田引鉄(がでんいんてつ)」という言葉で知られるような、自分たちの地元の選挙区に鉄道の線路や駅を誘致するようないわゆる利益誘導の政治を行ったという批判もありますが、もし原がもう少し長生きしていたら日本の歴史が変わっていた可能性もあると言われるほどの大物政治家だったことは確かだと思います。そうした原敬の原点としては、東北を低く見る藩閥政府への反発があったそうです。「白河以北一山百文(しらかわいほくひとやまひゃくもん)」=「白河の関より北の東北地方には安い価値しかない」という東北地方を侮辱する言葉がありますが、原敬はその言葉への反発からあえて「一山(いちざん)」という雅号(がごう)を使っていたそうです。ちなみに、宮城県の地方紙である河北新報(かほくしんぽう)も同じ言葉からとった名前だそうです。(白河の関についてはこちらの記事をどうぞ。)、(雅号についてはこちらの記事をどうぞ。



pure-to.jpg

原敬は、1921年に東京駅で中岡艮一(なかおかこんいち)という青年に暗殺されました。中岡が原敬を暗殺したのは、先ほど触れた立憲政友会の利益誘導政治に対する怒りが理由だそうですが、直接のきっかけとしては、中岡の上司が「今の日本は武士道精神が失われて、腹を切る(切腹する)といって、実際に腹を切る人間がいない」と言ったのを「腹を切る(切腹する)」ではなく「原を切る=原敬を暗殺する」という意味だと勘違いしたことだと言われています。原敬が暗殺された現場は、現在の東京駅丸の内南口の券売機の横あたりで、上の写真のように事件の説明が書いたプレートが壁に掛けられていて、床には下の写真のように現場を示す印がついています。

yuka.jpg



現在の日本の政治について考えるうえでも、原敬は非常に参考になる存在かと思います。百周年を機会に、ぜひ原敬について興味をもって頂ければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。



啄木


さて、今回は岩手県に関する問題です。原敬と同じ岩手県出身で「一握の砂(いちあくのすな)」などで有名な上の写真の歌人はだれでしょう?


解答を表示する

答えは「石川啄木(いしかわたくぼく)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村




テーマ :
ジャンル : 学校・教育

ガチ~文化庁の国語世論調査

本日は部活動の新人戦があって学校が早く終わったので、三年生が午前から自習に来ました。勉強に真剣に取り組む生徒がどんどん増えてきているのが本当にありがたいと思います。こちらも気合を入れて、北辰テストと中間テストで自己ベストを更新してもらえるようにしたいと思います。


さて、「文化庁の国語に関する世論調査の結果」が発表されたのは報道などで知っている方も多いのではないでしょうか。そこで出てきた言葉を使うと、今日午前から来てくれた生徒たちは「勉強ガチ勢(ぜい)」と言うことになります。「ガチ」というのは、「本気」とか「本当」などと言った意味で使われている言葉で、「マジ」という言葉を更に強くした感じで使われることが多いようです。ですから「ガチ勢」というのは「非常に熱心に取り組んでいる人たち」と言った意味になります。ちなみに文化庁の調査によれば、ガチという言葉を使わない人が過半数になるのが50代以上だそうです。タレントの出川哲郎さんなどがテレビで「ガチ」という言葉を使っている影響も大きいのかもしれませんね。文化庁の今回の調査で出てきたいわゆる若者言葉は「ほぼほぼ」「上から目線」「後ろ倒し」「タメ口」「立ち位置」などでした。全部わかるという方は言葉に関する感覚が若いということでしょうか。(文化庁の調査結果について詳しくはこちらからどうぞ。

ガチ


塾で働いていると小中高生と接するので、自然と若い人たちの言葉を知る機会が多くなりますし、ついつい影響されて使ってしまうときもあります。もちろん、あまりにひどい言葉遣いは良くありませんが、「正しい日本語」などと構えすぎても生徒たちから見て遠い存在になってしまいそうなので、少なくとも生徒の使う言葉を理解できるようにはなっておきたいと思っています。「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組に登場した辞書編纂者(じしょへんさんしゃ)の飯間浩明(いいまひろあき)さんがおっしゃっていましたが、言葉の「変わる」という性質は本質的なもので、社会が変わる以上言葉も変わるのは当然かと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



広辞苑


さて、今回は辞書に関する問題です。これまでの広辞苑(こうじえん)で最後に載っている言葉は「んとす」という言葉でしたが、今年発売された広辞苑第七版からは別の言葉が最後に載っている言葉に変わりました。それはなんという言葉でしょう?(ヒント:「甘え」「暴れ」「赤」などの後ろにつけて使います。)


解答を表示する

答えは「ん坊」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村



テーマ :
ジャンル : 学校・教育

広島カープ三連覇~続けること


カープ

広島カープがプロ野球セリーグで三年連続の優勝を達成しました。三連覇というのは、やはり難しいようで、巨人以外のセリーグのチームとしては初の三連覇だそうです。2位以下を大きく引き離しての優勝であり、多くのファンが胴上げを見られる本拠地での優勝というのもなかなか素晴らしいですね。


ジョーダン

英語では「three(スリー)=3」と「repeat(リピート)=連続」を合わせて「Three-peat(スリーピート)=三連覇」という言い方をします。「バスケの神様」と呼ばれたマイケルジョーダン選手がいたシカゴブルズがこの「スリーピート」を二度達成しています。ちなみに、アメリカではジョーダンがいたブルズのように長期間に渡って圧倒的な強さを見せたチームを「Dynasty(ダイナスティ)=王朝」と呼ぶそうです。日本語で言う「黄金時代」という言葉に近いイメージかと思います。日本のスポーツで言えば、プロ野球で9連覇した巨人やラグビーで7連覇した神戸製鋼(こうべせいこう)などは文句なしのダイナスティということになりそうです。



フランクリン


さて、優勝のように価値のあることを続けるのはとても大変なことですが、勉強や普段の生活でも良いことは続けて習慣化したいものです。そこで、今日は「フランクリン自伝」に出てくる良い習慣を続ける方法をご紹介したいと思います。ベンジャミン・フランクリンはアメリカの独立に大きく貢献した政治家として有名で、100ドル紙幣に肖像が描かれています。凧をつかって雷が電気であること証明したエピソードを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。そのフランクリンは、「節制」「勤勉」などの「フランクリンの十三徳」と呼ばれる項目を身につけるために、一週間ごとに十三のうちの一つにしぼって、とにかくそれを守るということを行ったそうです。一度にいくつものことを続けるのは大変ですから、例えば「数学の計算の練習をする」とか「整理整頓をする」とか「早起きをする」などと言った項目一つにしぼって「一点突破」で良い習慣をつけるというのは非常に有効かと思います。


私も、現在は毎日ブログをしっかりと書くということを習慣化しようと思って取り組んでいるところです。なかなか上達はしていませんが、習慣化することで様々なプラスを感じられるようになってきていますので、これからも頑張りたいと思いますので、よろしくお願い致します!



最後までお読みいただき、ありがとうございました。



リンカーン

さて、本日はアメリカのドル紙幣についての問題です。上の五ドル紙幣に肖像画が描かれている「人民の人民による人民のための政治」というゲティスバーグ演説で有名な第16代のアメリカ合衆国大統領は誰でしょう?(ヒント:「リ」で始まります。)


解答を表示する

答えは、「リンカーン」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

東大の発表に思う~日本の英語教育

IMG_2409.jpg

本日は、東野高校さんの説明会に参加させて頂きました。東野高校さんは、4年制大学への進学率の引き上げや進学実績の向上などにより人気を集めている学校です。本日の説明会でも、進路指導についての詳しい説明がありました。また、来年度から開設する英語に力を入れたIクラス(アイクラス)についても詳しい説明がありました。詳しい内容は授業、面談などでお伝えしていきたいと思います!(東野高校のホームページへはこちらからどうぞ。


とうだい


さて、最近の説明会では必ずと言っていいほど2020年の入試改革、特に英語教育について従来の「読む・聞く」の2技能重視から「話す・書く」を加えた4技能重視へ移行するという動きについて触れられます。本日の東野高校さんでも東大の行った発表の話が紹介されていました。4技能を測るための民間の試験の活用について、東大が民間試験の成績の提出を出願の必須要件とはせずに、高校による証明書類などでも出願できるようにする方針だという発表をした件です。民間試験については、受験料や住んでいる場所による受けやすさなどに大きな差があることを懸念する声があり、今回の東大の方針もそうした点に配慮したものということです。(東大の発表について詳しくはこちらからどうぞ。



今回の発表も含めた4技能をめぐる動きについては、大きな改革である以上多少の混乱は仕方がない部分もあるのかもしれませんが、改革の方向性が不明確で詳しいことがはっきりせずに生徒や保護者に不安を与えてしまっていることが最大の問題だと思います。文部科学省や各大学ができるだけ早く、はっきりと方向性を打ち出すことが最も重要なのではないでしょうか。今の時点で我々現場の立場としては、どのような改革になっても大丈夫なように今まで以上に生徒にしっかりとした力をつけてもらえるようにするしかないと思っています。言い方は悪いですが、改革への不安を英語をしっかり学習するモチベーションに変えてもらうことが最大の防衛策かと思っています。


インプット


今回の改革について、英語も含めて言えることは、「ゆとりの二の舞にはなってほしくない」ということです。「使える英語」「表現力」「知識偏重ではなく思考力・判断力を」という言葉は確かに一理ありますが、「知識偏重」を修正するというのは、「知識がいらない」ということではないという点には注意が必要だと思うのです。勉強には「知識などを身につけるインプット」と「知識を活用するアウトプット」という二つの側面があり、今回の改革は「アウトプット」する能力をしっかり鍛えるということを重視する考えだと思います。そのこと自体はAI時代と言われるこれからの時代において間違っていないと思いますが、「アウトプットを鍛える時間を確保するためにインプットの部分が劣化しては意味がない」のです。例えば、英単語を何も知らない人に英作文をやらせても意味がないのは明白です。

インプットを劣化させずにアウトプットを強化するには、「①インプットの効率を改善する」「②アウトプットの学習効率を上げる」「③学習の時間全体を増やしてアウトプットの時間を増やす」「④インプットとアウトプットを同時進行で鍛える」といった方法が考えられます。アルファでもそう言った点を考えて改革の中で生徒が真価を発揮できるようにしていきたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


さて、本日は和歌のクイズです。「東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」という歌で有名な万葉集を代表する歌人はだれでしょう?(ヒント:「柿」で始まる名前です。)


解答を表示する

答えは、「柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村



テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

今日も朝から頑張ってます!~漱石の由来

本日は、西中・柏中とも体育祭の振替休みとなっているため、午前から自習室を開放しています。この三連休はテスト対策授業で連日勉強漬けといった感じだったにも関わらず、今日も朝から自習に来て頑張っている生徒が続出で嬉しい限りです。



さて、昨日の記事で松尾芭蕉について触れた際に俳号(はいごう)について書きましたが、俳号は雅号(がごう)と呼ばれる本名以外に付ける風流な別名の一種です。現代の感覚で言えば、ペンネームやネット上で使うハンドルネームと言ったところでしょうでしょうか。実は、夏目漱石の「漱石(そうせき)」も雅号ですし、正岡子規(まさおかしき)の「子規」、森鷗外(もりおうがい)の「鷗外」なども雅号です。雅号というのは、他人に呼んでもらうためにつけた別名なので、雅号を持つ文学者の場合、短く呼ぶときには雅号で呼ぶことが多くなります。夏目漱石や正岡子規は「漱石」「子規」などと呼ぶのに、太宰治(だざいおさむ)や芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)は「太宰」「芥川」と呼ぶのは、雅号を持つかどうかという違いが大きいのです。


natume.jpg

夏目漱石の「漱石」という雅号は、「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」と故事(こじ=昔のできごと)に由来します。昔、中国の孫楚(そんそ)という人物が「川の流れで口を漱ぎ(すすぎ)、石を枕にするような質素な生活を送りたい」と言おうとして間違えて「石で口を漱いで(すすいで)、川の流れを枕にしたい」と言ってしまいました。友人に間違えを指摘された孫楚は、間違えを認めずに「歯を丈夫にするために石で口を漱ぎ、耳の中をきれいにするために流れを枕にするんだ」という強情な負け惜しみを言ったそうです。そこから「漱石枕流」というのは、「負け惜しみが強く、頑固」という意味になりました。夏目漱石は自分が頑固者だという意味合いを込めて「漱石」を雅号としたそうです。漱石については、テストなどで「瀬石」という書き間違えをしてしまう人もいるので、この由来を知っていると書き間違えも無くなって良いかと思います。



子規


次に、その夏目漱石と仲が良かった正岡子規の「子規(しき)」は鳥のホトトギスを指します。ホトトギスは鳴いたときにノドが赤く見えるので、その様子が結核という病気で血を吐いた自分に似ていると言って「子規」という雅号を使うようになったそうです。また、正岡子規は自分のことを「獺祭書屋主人(だっさいしょおくしゅじん)」と名乗っていたこともあるそうで、こちらは自分が書物を散らかしている様子が、獺(カワウソ)が魚を並べているようす(獺祭)に似ていると言ってこの名前を名乗ったということだそうです。獺祭という言葉は今ではお酒の銘柄の名前としてすっかり有名になってしまったのでそちらの方でお聞きになられた方も多いかもしれません。ところで、完全に余談ですが正岡子規を検索しようとしたらバイキングの小峠さんの画像がいくつか出てきました。確かに似ているかもしれませんね。(笑)


文学史は、宿題や試験などでやらされると嫌になってしまう人も多いので、先回りして積極的にこうしたエピソードまで紹介しながら触れてもらうことで、少しでも興味を持ってもらえるようにしていきたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。




今日はペンネームについてのクイズです。アメリカの推理小説作家エドガー・アラン・ポーの名前をもじってペンネームを付けた、明智小五郎シリーズなどで有名な推理小説家は誰でしょう?


解答を表示する

答えは、「江戸川乱歩(えどがわらんぽ)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

松尾芭蕉

昨日の国語の授業で、松尾芭蕉(まつおばしょう)について触れたので、ご紹介したいと思います。松尾芭蕉は江戸時代の俳人で俳諧紀行文「おくのほそ道」で知られています。今回の中間試験で「おくのほそ道」の冒頭部分が出題されるので、芭蕉の話になりました。ちなみに「奥の細道」ではなく「おくのほそ道」と書く理由は→こちらの記事をご覧ください。



ばしょう

松尾芭蕉は、伊賀(いが)の国(今の三重県)出身で、本名は松尾宗房(まつおむねふさ)と言います。芭蕉というのは、俳句をする際に使う俳号(はいごう)で、芭蕉が住んでいた家の庭で芭蕉という植物が成長したところから、その家を芭蕉庵(ばしょうあん)と呼ぶようになり、そこから芭蕉という名前を使うようになったそうです。ちなみに、芭蕉は上の写真の植物で、バナナに非常に近い種類の植物です。


松尾芭蕉が忍者で有名な伊賀の国出身であることと、旅に出ることがそれほど簡単ではない江戸時代に何度も長距離の旅をしていることや、移動速度がかなり速いことなどから、「松尾芭蕉は幕府の密偵(みってい)=忍者だった」という説もあるそうです。真偽のほどはもちろん不明ですが。(笑)

芭蕉像

さて、松尾芭蕉は日本各地を旅して多くの名句を残したことから、各地に芭蕉の像や句碑(くひ)があります。その中で、なかなか面白いのが、隅田川(すみだがわ)沿いの江東区の芭蕉庵史跡展望庭園(ばしょうあんしせきてんぼうていえん)にある上の写真の芭蕉像です。庭園が開いている間は庭園内から、16時30分に閉園した後は庭園外の川の方からライトアップした像を見てほしいという考えから、17時ごろにタイマーで自動的に芭蕉像が回転して向きを変えるという珍しい仕掛けになっているそうです。私もこの像は見たことがあるのですが、残念ながら回転する瞬間は見たことが無いのでいつか見てみたいと思っています。機会があったら是非訪ねてみてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


今日は松尾芭蕉の出身地である三重県にちなんだクイズです。現在の三重県は、かつての旧国名で言うと4つの国があった場所ということになります。そのうち二つは伊賀と紀伊ですが、残りの二つは何でしょう?(ヒント:そこで開かれたサミットの名前につけられました。)


解答を表示する

答えは、「伊勢(いせ)・志摩(しま)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

お金の不思議

昨日の公民の授業で「お金にはなぜ価値があるのか」という話をしましたので、ご紹介したいと思います。消費税の増税についての説明をしていた際に「お金をたくさん作れば消費税を上げなくても済むのでは?」という意見が出て、うれしいことにすぐに「お金を作りすぎたら、お金の価値が暴落して第一次世界大戦後のドイツのようになる」という意見が出てきました。歴史の授業で説明したことを覚えてくれていたようで嬉しい限りでした。


さて、まずそもそも「お金自体には利用価値が無い」というのが重要なポイントです。お金は食べられないし、着ることもできません。それを示すエピソードとして「ロビンソンクルーソー」の話をしました。「ロビンソンクルーソー」は乗っていた船が難破して無人島に一人で漂着してしまった人のお話です。その本の中で、主人公が無人島の近くにあった船から無人島で使えそうなものを持って帰って来る際に、お金だけは何の使い道もないと言って嘆く(なげく)シーンがあるという話です。この話から分かるのは、お金というのは他の人との関係の中で利用価値を持つものだということです。

ドイツインフレ


1万円が価値を持つのは、みんなが1万円に価値があると信じていて、1万円を渡すことで様々な物やサービスと交換できるからです。そして、そのように信じてもらえるのは、これまでの積み重ねによる信用と、発行している日本銀行、そしてさらには日本という国への信用があるからです。また、1万円札の流通量が適切で、適度な希少性があるという点も重要です。「ヘリコプターマネー」という名前の政策がありますが(注:もちろんこの政策は本当にお金をばらまく訳ではありません)、もし空から大量にヘリコプターで1万円札をばらまき続けたら、いつかはお金が多く出回りすぎとなって価値が下がってしまうでしょう。そのようにお金が出回りすぎて価値が低下してしまうことをインフレーション(インフレ)と言いますが、最初でも触れたように歴史上何度もインフレの例はあります。第一次世界大戦後のドイツでは上の写真のように、お札をブロックにして遊べるほどまでお金の価値が暴落してしまいました。また、実は今年ベネズエラではトマト1個が約500万ボリバルという、トマトを買うのに下の写真のような札束が必要になるほどのインフレが発生しています。インフレは決して歴史上だけのものではなく、現在もあるのです。

ベネズエラインフレ



現在の日本では、管理通貨制度という仕組みで日本銀行がお金の出回る量を調節することでお金の価値をコントロールしています。ちなみに、以前は日本銀行が公定歩合(こうていぶあい)と呼ばれる金利を使ってお金の流通量を調整していましたが、現在は公定歩合は無くなって、「オペレーション」という方法で国債などを売買することで日本銀行がお金の量を調節しています。もちろん「お金が全て」という訳ではありませんが、お金が大切なのも事実ですから、お金についてしっかり理解してもらえるように教えていきたいと思います!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


natume.jpg

さて、本日はお札にちなんだクイズです。「坊っちゃん」などの作品で知られる、かつて1000円札に肖像画が使われていた、上の写真の明治時代の作家はだれでしょう?


解答を表示する

答えは、「夏目漱石(なつめそうせき)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加


↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

明日はお月見!

昨日の公民の授業で「年中行事(ねんちゅうぎょうじ)」について説明した際に、その一例として「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」の月見について触れましたので、ご紹介したいと思います。



moon.jpg



中秋の名月とは、旧暦(きゅうれき=昔のカレンダー)の8月15日の夜に見える月のことを指します。旧暦は現在のカレンダーと約1カ月ずれていて、今年は明日の9月24日が旧暦の8月15日にあたるので、明日の月が中秋の名月ということになります。旧暦について簡単に説明すると、現在のカレンダーは太陽暦といって太陽の動きをもとにして決められているのに対して、旧暦は「太陰太陽暦(たいいんたいようれき)」と言って、月の満ち欠けを基準にして1カ月の長さを決めて、それを太陽の動きによる季節の変化に合わせて調節したカレンダーでした。ですから、旧暦の場合には上の図のように毎月一日(ついたち)が新月(しんげつ=暗い状態)でだんだん月の明るい部分が増えてきて(少しずれる場合もありますが)15日が満月、そしてまた明るい部分が減っていって新月に戻るまでが一カ月ということになります。月の満ち欠けの周期は約29.5日ですから、旧暦の一カ月は29日か30日となっています。そうすると12カ月で約354日となってしまい、太陽の周期である1年約365日とずれてしまうので、だいたい3年に一度閏月(うるうづき)をつくって一年を13カ月として調整していました。


tsukimi_jugoya.png


さて、なぜ旧暦の八月の十五夜の月を中秋の名月と言うかですが、旧暦では「1月~3月が春」「4月~6月が夏」「7月~9月が秋」「10月~12月が冬」となっていて、8月は秋の真ん中の月だから8月を「中秋」と呼ぶのだそうです。平安時代に中国からこの中秋の十五夜の月を見て楽しむ習慣が入ってきて、日本でも定着したという歴史があります。日本では、秋ということで収穫を祝うという意味合いも追加されていったようです。

中秋の名月の月見では、地域によって違いはありますが、お供えをするのが風習です。秋の七草と団子が定番ですが、秋の七草に関してはススキだけを飾る場合が多いようです。団子の方は、団子を月に見立て、十五夜にちなんで15個飾るのが定番とされているそうです。ちなみに、狭山市の中学校では先日、団子ならぬ「お月見ゼリー」が給食で出されたそうです。年中行事を通して季節の移り変わりを楽しむ気持ちはこれからも伝えていきたいものです。明日はお団子を楽しんでみるのも良いかもしれませんね。私も団子は好きなので、食べたいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


大隈

さて、本日は日本で太陽暦が採用されたときの豆知識にちなんだクイズです。日本で太陽暦が採用されたのは明治6年ですが、一説によると、旧暦では13カ月の年があり給料を13回払わなければならなくなるので、それを嫌がって新政府が太陽暦を採用したという事情もあるそうです。では、その給料節約のための改暦を主導した上の写真の人物はだれでしょう?
(ヒント:早稲田大学の設立者としても有名な人物です。)


解答を表示する

答えは、「大隈重信(おおくましげのぶ)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村











テーマ :
ジャンル : 学校・教育

初心!

記事でもご紹介した通り、昨日は説明会に参加するために大宮まで行ってきました。説明会の後に用事があったので、車で行ったのですが、いつもよりも安全運転で行くことができました。

gogo.jpg


なぜ、安全運転で行けたかと言うと、実は一昨日卒業生のKさんが車を運転する姿を見たからです。一昨日は雨がかなり降っていたので、姉である卒業生のKさんが中学一年生の妹を塾まで迎えに来てくれたのです。この仕事をしていて一番うれしいことの一つは「卒業生の成長した姿を見ること」です。一昨日初心者マークを付けた車で何度も後方確認をして慎重に運転するKさんの姿が(少しだけ心配はしましたが)頼もしく見えてとても嬉しい気持ちになるのと同時に、自分も初心を思い出して丁寧に運転しようと思えたのです。


山中


アルファでも、今現在テスト対策の無料体験授業で初めて塾に来てくれている「塾初心者」が何人かいます。最初は少し緊張気味ですが、色々なことに新鮮な反応を見せながら一生懸命に取り組んでくれて、こちらも改めて気合が入る感じがします。勉強も運転もそして何事も、初心を忘れずに丁寧に一生懸命に取り組むことがとても大切だということを改めて感じました。上の写真の京都大学の山中伸弥(やまなかしんや)教授はノーベル賞の受賞翌日に、心境を色紙に書くように求められて「初心」と書いたそうです。「研究者になった最初の日にもどった気持ちでまた研究に取り組みたい」とおっしゃったそうです。私も今日からの三連休、初めて授業をしたときの気持ちを思い出して全力で頑張りたいと思います!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


さて、本日のクイズは山中教授についてです。山中教授のノーベル賞受賞理由となった細胞は次のうちどれでしょう?

ア iPS細胞      イ STAP細胞     ウ ES細胞



解答を表示する

答えは、アの「iPS(アイピーエス)細胞」でした。ちなみに、「i」だけが小文字なのは「流行していたiPodのように広く普及してほしくて真似してみた」という遊び心だそうです。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました!




進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ :
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

進学塾アルファ 狭山校

Author:進学塾アルファ 狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数