進学塾アルファ 狭山校 勉強
FC2ブログ

最強の勉強法!

英検の結果が返され、各中学校とも中間テストの結果も続々と返却されています。英検、中間テストとも良い報告がほとんどで嬉しい限りです。そこで、どういう状況の生徒が結果を出してくれているかをご紹介して「最強の勉強法」についてお伝えしたいと思います。


テスト100点

中3のYくんは、今回の中間テストで前回の一学期期末テストよりも5教科で約50点アップしました。中三でこれだけのアップは大変すばらしいことだと思います。なぜYくんの点数が上がったのかと言えば、取り組む姿勢がレベルアップしたからということに尽きます。先日Yくんは「夏休みに学校の宿題でやった暗記をそろそろ忘れかけている気がするからもう一度やりたい」と言ってきました。言われた時の嬉しさは何とも言えませんでした。そうです、最強の勉強法とは「復習」だからです。以前の記事でもご紹介した通り、人間の脳は一日で半分以上を忘れてしまうほど忘れやすい性質があるので、復習しなければ学習したことの半分以下しか定着できないのです。しかし、復習をしっかりとすれば9割以上内容の定着が可能です。つまり、復習をすれば復習をしない場合の2倍以上の成果を期待できるわけです。もちろん、個人差や状況による差はありますが、復習が非常に有効であることは間違いありません。(復習の仕方のポイントについてはこちらからどうぞ。



エビングハウス2

Yくんの言葉が嬉しかったもう一つの理由は「やらされる人」から「自分からやる人」への成長を感じられたからです。今回柏原中の3年生は、市からの援助で全員が自己負担なしで学校で英検を受験したのですが、(定期テストの当日に英検が行われたという日程の問題もあるものの)聞く限りではその結果はあまり良くはないようです。結局のところ「自分が受けたいから受ける」のではなくて「受けさせられた」という状況になってしまったのが大きいのではないかと思います。人間の脳は「人にやらされたこと」=「嫌なこと」と認識する習性があるので、例えば宿題の読書感想文のための義務としての読書はつまらなくなってしまったりする訳です。(この理論を実証するためにゲーム好きな子にゲームを宿題にしてみたらゲームがつまらなくなるかどうかを試してみたいと思っているのですが、さすがに実行できずにいます。(笑))今回のYくんの結果から、改めて「自主的に復習をする」というのが最強の勉強法だという思いを強くしましたので、この最強の勉強法をより有効に活用してもらえるように今日からまた取り組んでいきたいと思っています!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


今日は明治にちなんだ問題です。明治改元150年を記念して、伊藤博文(いとうひろぶみ)、大隈重信(おおくましげのぶ)、陸奥宗光(むつむねみつ)、西園寺公望(さいおんじきんもち)らの邸宅を整備した邸園が作られたのは神奈川県の何という町でしょう?(ヒント:ロングビーチでも有名です。)


解答を表示する

答えは「大磯町(おおいそまち)」でした。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました。





進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

暗唱大会

本日10月9日は10(ジュ)9(ク)で「塾の日」だそうです。昨日の記事でも書いた通り、西中は体育祭関連の振替休みで今日は学校がお休みです。という訳で、もちろんアルファは朝から自習室を開放しています!


松尾


さて、今回西中の3年生は松尾芭蕉(まつおばしょう)の「おくのほそ道」が試験範囲で現在「おくのほそ道」の冒頭部分(「月日は百代(はくたい)の~」)の暗唱が学校の課題となっています。最初は、「長い」と言って苦戦している生徒が多かったのですが、昨日の時点でかなりの塾生がクリアできました。今日は、いつもより人口密度が低い分、いつもより多めに暗唱のための通称「唱える部屋(となえるべや)」を提供できますので、一気に全塾生クリアと行きたいと思います。学校ではクラスで2~3名しかまだクリアしていないということですから、ここでクリアすれば評価も高くなるし、テストの問題も解けるようになるし、何よりも古文に自信が持てて得意分野にすることができるので、一石三鳥といったところです。



暗唱は「非常に有効な勉強法」です。まず、声を出すことで脳が活性化します。また、インプットとアウトプットをほぼ同時進行で学習できるので効率的です。昔の教育への反発などから、暗唱を否定的にとらえる人もいますが、使い方に気をつければ役に立つ勉強法ですから、ぜひうまく活用したいところです。ポイントとしては、強制したりして嫌なイメージをつけないようにすることです。子どもたちは本来「暗唱が好き」だと思います。実際今回も改めて「みんな、こんなに楽しそうに暗唱できるんだなぁ」と感心したくらいです。しかし、あまりに量が多かったり強制されると、やはり嫌になってしまいます。暗唱が嫌いな人はそうした経験が原因の可能性がありますので、細切れにしたり、自発的にやってもらう状況にして暗唱に前向きになってもらえるようにするとよいでしょう。せっかくの有効な勉強法を嫌いにしてしまうのはもったいないですから、ぜひうまく活用しましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。




はたらく


さて、今日は10月9日の記念日クイズを出題したいと思います。10月9日は「塾の日」とご紹介しましたが、他にもある乗り物の日でもあります。さてその乗り物は何でしょう?(ヒント:「10」を「ト」と読みます。)


解答を表示する

答えは「トラックの日」でした。「10(ト)ラッ9(ク)」ということだそうです。クイズに挑戦して頂いてありがとうございました。



進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。


このエントリーをはてなブックマークに追加



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

トリアージ~テスト上手になるために

カカシ


本日は、城西大付属川越高校さんの説明会に参加させていただきました。川越市内ではありますが、自然に囲まれた環境で、上の写真のようにカカシに歓迎してもらいながらの訪問となりました。人数が多すぎない男子校ということで、比較的アットホームな雰囲気を大切にされている学校という印象です。ガツガツではなく、じっくり丁寧に指導して進学で結果を出したいという考えとのことでした。


第四回の北辰テストの結果が返却されました。アルファ生全体では偏差値が+0.5という結果でした。最高では前回より偏差値が+5.7となった生徒もいて、夏期講習・合宿の成果を発揮してくれた生徒が多くいたのは大変うれしいことです。しかし、残念ながら前回からダウンしてしまった生徒もいました。次回リベンジしてもらえるように声をかけて、一緒に勉強メニューを考えたいと思います。ダウンしている中で特に気になったのは、特定の科目で大きな失敗をしているパターンです。これは、主に国語・数学などで時間配分をミスしたときに見られる現象です。

mig.jpg
テストで時間配分を上手に行うには、救急医療の分野で行われている「トリアージ」が参考になるので、ご紹介したいと思います。「トリアージ」は「選別」を意味するフランス語のtriageという言葉に由来し、大規模な救急事故現場などにおいて、患者の治療・搬送などの優先順位を選別する作業を指します。映画、ドラマなどでご覧になって知っている方も多いのではないでしょうか。一般的なトリアージでは、上の図のように色分けされたタグが利用されます。「赤色が使われるカテゴリーⅠは、命に関わり緊急性が最も高いもの」「黄色が使われるカテゴリーⅡは、赤ほど緊急ではないが処置が必要なもの」「緑色が使われるカテゴリーⅢは緊急の搬送・治療の必要がないもの」「黒が使われるカテゴリー0は生命兆候が無いもの」だそうです。時間や人的な資源などが限られる中で出来るだけ多くの人命を救うためのギリギリの判断が「トリアージ」ということになります。ちなみに、残念ながら私はまだ見に行けずにいるので伝聞ですが、現在上映中の「劇場版コードブルー」でもトリアージの場面が登場するそうです。


2018073107.jpg



さて、そうした「トリアージ」と比べるのは少し失礼かもしれませんが、テストというのも時間が限られていて、優先順位付けが必要という点では似た部分があります。テストの場合には、「解けそうもない難題が黒のカテゴリー0」「解けそうで、しかもそれほど時間をかけずにできそうな問題が赤のカテゴリーⅠ」「解けそうだけれど、時間がかかりそうなのが黄色のカテゴリーⅡ」ということになるでしょうか。そうした選別をすることで、最大限に効率よく点数を確保することができるようになります。


では、どうすればその選別をできるようになるかというと、過去問を使った意識的な練習が重要です。まず、過去問をやる際には自分なりにマークを決めて、解く前に問題の難易度の予想と予定時間を記録します。そして、実際に解くのにかかった時間も記録します。〇付けをして、直しの作業をする際に、自分の予想と実際に解けたかどうか、時間的な見積もりは正しかったかという確認作業をするのです。これを繰り返すと、テスト版の「トリアージ」をする力が磨かれます。ぜひ試してみてください!


さて、今日は医療の話でしたので、医学者についての問題を一題、ぜひ挑戦してみてください!

publicdomainq-0013086hwd.jpg

問題 黄熱病の研究などで知られ、現在の1000円札にも肖像画が使われている上の写真の細菌学者の名前は何でしょう?
解答を表示する

答えは、野口英世(のぐちひでよ)でした。






進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 学校・教育

やる気の源

昨日生徒に「なぜ毎日ブログを書く気になれるのか。」という質問をされて、改めてやる気について考えてみました。私がブログを書く気になるのは、読んでくださる人がいるからで、そして読んでくださった人からの反応があるからです。「ブログ読みましたよ」という言葉をいただくと本当にうれしいものです。今読んでくださっている方で、ご自分がブログを書いている方も多いと思いますが、きっと同じなのではないでしょうか。もし「誰も読んでくれない」「何の反応もない」という状況だったらとても書く気にはならないと思います。



「親や先生としての立場」「子や生徒としての立場」「ブログを書く立場」いずれで見てもやる気を考える上で大きなポイントは「応援」ということなのではないでしょうか。ただし、この場合の「応援」というのは必ずしも何か働きかけることが必須ではありません。「愛情の反対は無関心」という言葉がありますが、やる気にとって一番の敵は無関心であって「関心をもって見守る」ことも重要な応援として後押しになります。「誰かが関心を持って見てくれている」ということは、相当強力な「やる気の源」となるのです。



昨日の一年生の英語の授業で、夏休み明けの学校の単語テストの結果を確認したのですが、214個という中一にとっては多めの単語の暗記にもかかわらず、満点を含め、高得点者が続出でした。実は夏期講習中に授業の中でも単語を暗記してテストする時間を用意していたのですが、それも良かったかと思います。もちろん、単語の暗記を家庭学習でも進めてもらいましたが、暗記を一人でやるというのはかなり孤独でハードルが高めの作業です。ですから、授業で時間を取って「競争的な刺激があったり」「見守ってもらえる、応援してもらえる」「達成感をすぐに感じられる」という環境で暗記のコツをつかんでもらうということが重要だと考えて今回はこのような手法をとってみました。


自転車



やる気が必要な様々な場面で、「上手に応援してあげる」あるいは「自分が応援してもらえる環境をうまく作る」というのは非常に有効かと思います。ぜひ参考にしてみてください!


さて、今日は時事問題の追加のクイズを出したいと思います。ぜひ挑戦してみてください!


問題 女子テニスの4大大会ーの一つである(1)で、日本の(2)選手が決勝でアメリカの(3)選手を破り、日本人として4大大会のシングルスで初の優勝をはたしました。
解答を表示する

答えは(1)全米オープン(2)大坂なおみ(3)セリーナ・ウィリアムズ






進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村


テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

ほんとにあった怖い話

「始まってすぐに2学期の成績が決まってしまっていた」という話です。卒業生のYくんが実際に起こしてしまった悲劇です。


Yくんは、2学期に中間・期末とも90点以上をとったのに成績が4でした。通知表の観点別評価を見ると、一番上の「意欲・関心・態度」がCになっています。(ちなみに観点別の評価と成績の関係についてはこちらの記事をご覧ください。)本人に確認すると提出物や授業態度などにも問題はなかったはずとのこと。何か問題があるのであれば、しっかりと把握して改善するのが重要ですから、学校の教科担当の先生に確認してみました。すると「夏休み明けの宿題確認テストが100点中50点だったので意欲の観点がCになりました。」とのことでした。先生によって、宿題の確認テストをどの観点にどのくらい反映するかは様々ですが、多くの場合その学期の成績に影響します。Yくんの場合、二学期が始まってすぐに行われた宿題確認テストで4以下が確定してしまったという「ほんとにあった怖い話」です。



obake.png



さて、実はYくんはその宿題をやっていなかった訳ではありませんでした。Yくんにとっては得意科目だったので、7月には終わらせていたのです。(宿題の進め方についてはこちらの記事をご覧ください。)しかし、その後放置していたことで忘れしまっていたのでした。宿題は、もちろんその内容を身につけるのが本当の目的ですが、ついつい宿題をやることが自体が目的になってしまいがちです。ですからアルファでは、(Yくんの件の反省もいかして)宿題をただやるだけではなくて、その内容をしっかり身につけてもらえるように繰り返しテストするようにしています。


という訳で、今日と明日は学校の宿題の総確認の日としています。確認テストがある宿題に関してはテストをクリアできるまで繰り返し挑戦してもらいます。頑張りましょう!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!


進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。



↓リンク先にも、参考になるブログサイトがたくさんありますので、お時間がありましたら
クリックしていただけると嬉しいです。また、勉強に関する質問、お悩み相談のコメントも大歓迎です!
にほんブログ村 教育ブログ 塾教育へ
にほんブログ村
プロフィール

進学塾アルファ 狭山校

Author:進学塾アルファ 狭山校
進学塾アルファ狭山校のホームページへはこちらからどうぞ。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
5位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
来塾者数